書籍の詳細

文学・評論
ボブが遺してくれた最高のギフト
著者:ジェームズ・ボーエン(著),稲垣 みどり(翻訳)
定価:1760円(10%税込み)
ISBN 4777827151
単行本 本文168ページ
2020年12月1日初版発行
購入する
「ボブは、ぼくがこれまでに受けとったことのない、最高のギフトを遺してくれた」
ジェームズ・ボーエン

『ボブという名のストリート・キャット』、
『ボブがくれた世界』につづく、〈 ボブとぼくの物語 〉シリーズ第3作。


世界中に愛されながらも逝ってしまったボブとジェームズの間には、まだ語るべき物語があった。それは、その日を迎えるまでの奇跡のような6日間の物語。

ジェームズはあいかわらず〈 ビッグイシュー 〉の販売を続け、プリベイド式のガスメーターの残高を毎日チェックしなければならないような、金銭的に苦しい生活を送っていた。クリスマスまであと6日、ジェームズはボブとの楽しく温かいクリスマスを過ごすため真冬のロンドンの街頭に立つのだが……

人とのつながりや思いやりに癒される、心温まる物語です。


著者◎ジェームズ・ボーエン
1979年サリー(イギリス東南部)生まれ。路上演奏で生計を立てていた2007年に野良猫ボブと出会う。その奇跡の出来事を綴った『ボブという名のストリートキャット』は、
世界30カ国以上で翻訳化。続編の『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』と合わせ累計1,000万部超えの大ベストセラーとなった。2017年には映画『ボブという名の猫
幸せのハイタッチ』も公開し、世界中で大ヒットとなった。