書籍の詳細

暮らし・健康・子育て
自力で脊柱管狭窄症を改善させる運動 (専門医が薦める健康法シリーズ)
著者:福辻 鋭記(監修)
定価:1430円(10%税込み)
ISBN 4777826996
単行本(ソフトカバー) 本文144ページ
2020年12月1日初版発行
購入する
健坐骨神経痛・腰痛、足裏のしびれに悩む方必読!

がんばらなくても自分で治せる!



腰部脊柱管狭窄は、腰の部分の椎骨の脊柱管が狭くなり、

その中を通る神経が圧迫されて、腰痛だけでなく下半身のしびれや痛みなどが起こる病気です。

腰部脊柱管狭窄は、筋肉、骨、関節などの運動機能が障害され、

立つ、歩くといった機能が低下するロコモティブシンドロームの1つです。

日常生活が不自由になるだけではなく、進行すると介護が必要となる危険性が高まります。

手術では大きなリスクを伴うため昨今では「運動療法」による改善策の関心が高まっています。

本書では、メディア露出が多く人気の高いアスカ鍼灸院院長の福辻鋭記先生を起用。

脊柱管狭窄症の対処法として、運動療法を中心にセルフケアを紹介。

最も重要な「自分で」「簡単に」「続けられる」運動療法を写真や図解などで詳細に解説します。





【主な内容】(予定)

◆脊柱管狭窄症とは



◆脊柱の仕組みと痛みの原因



◆治りやすいタイプ、重症化すると危ないタイプ



◆症状チェック

(1)太ももから、ふくらはぎや、すねにかけてしびれや痛みがある

(2)しびれや痛みはしばらく歩くと強くなり、休むと楽になる

(3)しばらく立っているだけでしびれたり、いたくなったりする

(4)前かがみになるとしびれや痛みは楽になる



◆Q&A



◆痛みやしびれを手遅れにさせない! 脊柱管狭窄症で後悔しないための対策法・筋肉ほぐし・骨リセット・1日5分の簡単ゆるストレッチ ……etc





【監修者プロフィール】

福辻 鋭記(ふくつじ としき)

アスカ鍼灸治療院 院長。

日中治療医学研究会会員。

施術歴30年以上で5万人以上の治療実績を誇り、

「日本の名医50人」に選ばれた鍼灸師。

カイロプラクティック、整体なども取り入れた独自の治療法が人気。