書籍の詳細

暮らし・健康・子育て
「あれ?なんだっけ」がなくなる! 大人のさがし絵
著者:森 惟明(監修),小林 架寿恵(その他)
定価:1540円(10%税込み)
ISBN 4528022796
単行本(ソフトカバー) 本文96ページ
2020年5月7日初版発行
購入する
〈監修者のことばより〉

この本は、遊び感覚で楽しく脳を鍛えながら認知症予防もできる、

新しいジャンルの「脳トレ」、脳の健康法です。

同時に、さがし絵を楽しみながら認知症を予防するために気をつけるべき知識を得ることもできます。

?中略?

脳は何歳からでも鍛えることができるのです。

健康維持のために日頃から食事や運動などの生活習慣に注意して体のケアが必要なのと同じように、脳のケアも習慣にすることが大切です。

脳も鍛えないと、加齢とともに能力は落ちていきます。

さあ、ページを開いて、質問の絵をさがしてみましょう。

答えをみつけるたびに脳はひらめき、活力に満ちていくことでしょう。

そして認知症を防ぐために得た知識を、ぜひ毎日の生活にいかして、認知症を遠ざける暮らし方を始めましょう。



●監修者プロフィール

森 惟明(もりこれあき)

高知大学名誉教授

医学博士



1961年京都大学医学部卒業。

1967年京都大学大学院修了(脳神経外科学)。

日本脳神経外科学会認定医。

1975年京都大学脳神経外科講師。

1979年京都大学脳神経外科助教授。

1981年高知医科大(現 高知大学医学部)脳神経外科初代教授。

1992~1999年厚生省(現厚生労働省)「特定疾患難治性水頭症調査研究班」班長。

1992年第2回高知出版学術賞受賞。

1996~2000年高知県医師会理事。

1999~2001年国際小児神経外科学会倫理委員会委員長。

2000年高知大学名誉教授。

2000~2001年国際小児神経外科機関誌「Child's Nervous System」編集委員。

公職を務めながら、高知県内の脳神経外科拠点病院の整備に奔走。

認知症に関する著書多数。