書籍の詳細

人文・思想
今こそ知っておくべき地球外生命体と宇宙の真実 (世界の謎と不思議シリーズ)
著者:並木 伸一郎(著)
定価:1650円(10%税込み)
ISBN 4777825019
単行本(ソフトカバー) 本文240ページ
2020年1月31日初版発行
購入する
月刊「ムー」の主幹ライターにして日本のオカルト界の重鎮、並木伸一郎氏が世界の謎と不思議を最新の情報を基に解き明かしていきます。

太陽系内惑星の謎、地球を焼き尽くす太陽からの「サイクル24」、ついにとらえられたブラックホールなど最新の宇宙事情から始まり、

月空洞説、地球外生命体の痕跡、『ヨハネの黙示録』に書かれた天災、「ゴッドシールド計画」などを解説いたします。

 

 

【CONTENTS】

■衝撃画像大公開!

FILE1 太陽に続々と出没する謎の物体

FILE2 月と火星で発見された異常な物体

 

■第1章 太陽の謎

・太陽活動の低下がもたらす気候異変

次のサイクル25でミニ氷河期がやってくる?

 

・地球環境を左右する太陽活動の脅威

太陽黒点数の減少が大災害を引き起こす!?

 

ほか

 

■第2章 太陽系の真実

・太陽系の惑星に現れた無気味な現象

迫り来る脅威の太陽メガクライシス

 

・"死んだ惑星"は実は生きていた!?

水星で何が起きているのか?

 

ほか

 

■第3章 外宇宙の神秘

・太陽系外から現れた謎の天体

オウムアムアは異星の宇宙船だった!!

 

・UFOを呼び寄せていたのは人類だった?

太陽系外惑星は異星人の"故郷"か?

 

ほか

 

■第4章 宇宙の常識を疑え

・"目に見えない存在"をめぐる論争

ダークマターとダークエネルギーの謎

 

・息を吹き返したパンスペルミア説

地球の生命は宇宙からもたらされた?

 

ほか

 

■第5章 地球外知的生命体の痕跡

・アメリカ政府とNASAがひた隠しにしてきた真実

ブルッキングス・レポートと宇宙画像の修正疑惑

 

・NASAも認めた月の"真実"

かつて月に文明が存在していた!?

 

■第6章 宇宙からの脅威

・爆発時に出現した謎の飛行物体

ロシアに落下した隕石はUFOが破壊した!?

 

・アポロ9号が地球軌道上から捉えた謎の物体

激撮!! 月を横切る3機の巨大葉巻形UFO

 

ほか

 

■終章 地球と人類の未来

・地球の"自浄作用"が始まった!?

巨大生命体"ガイア"の逆襲

 

・世界各地で起きている怪現象

「光柱」と、「アポカリプティック・サウンド」の謎