書籍の詳細

ノンフィクション
戦国時代の軍師たち (もっと知りたい日本史(のこと))
著者:樋口 隆晴(著),河合 秀郎(著),橋場 日月(著)
定価:1100円(10%税込み)
ISBN 4777823520
単行本(ソフトカバー) 本文200ページ
2020年1月18日初版発行
購入する
【「軍師」として有名な歴史上の人物たちが行っていたこととは】?

“戦国時代に「軍師」はいなかった!?" 日本において「軍師」というと、将軍の側に寄り添う相談役や、戦のときに戦略や戦術を指示するポジションとして捉えられるのが一般的です。しかし日本の歴史を紐解いていくと、そうした一般的に「軍師」とされるものが存在しなかったということが明らかになります。「軍師」として有名な歴史上の人物はいますが、彼らが行っていたことは、戦いにおける儀式を司ったり、運気を占って勝機を予測する、また宗教的指導者として軍をまとめ上げる、といった行動でした。本書では、そんな「軍師」とされている人物21人をピックアップし、その生涯を紹介します。

(掲載人物)
伊勢貞親/太田道灌/早雲庵宗瑞/朝倉宗滴/太原雪斎/駒井高白斎/山本勘助/蜂須賀彦右衛門/竹中半兵衛/真田昌幸/遠藤元信/黒田長政/長束正家/直江兼続/安国寺恵瓊/小早川隆景/大野治長/鍋島直茂/本多正信/南海坊天海/以心崇伝

(著者)
樋口隆晴:主に『歴史群像』(学研パブリッシング)をフィールドに活躍。戦国の城や、近・現代戦といったテーマの“現場"に赴き、実証的に描き出すその記事、論考には定評がある。2004年度より三年間、江東区区民歴史講座の講師を務める。代表著書の「戦闘戦史」(作品社)は専門書でありながら重版を重ねている。

河合秀郎:シミュレーションボードゲームのデータ設定やシステムデザインを経て、歴史研究家に。パーソナルコンピュータ・ゲーム『天下統一』シリーズ(システムソフト)のデータ設定とシナリオの一部、『天と地と』(コナミ)のシステムデザインとシナリオ、コンシューマ・ゲーム『テラ・ファンタスティカ』(セガ)の戦術アルゴリズムやデータ設定・世界設定の一部などを担当。

橋場日月:歴史研究家、歴史作家。独自の視点で史料を渉猟し新解釈を導き出す。経済的な視点からの個性的な語り口を身上としており、『歴史群像』(学研プラス)、『歴史街道』(PHP研究所)、『歴史人』(ベストセラーズ)などの歴史雑誌に精力的に寄稿している。雑誌『Wedge』に「戦国武将のマネー術」、サイト『iRONNA』に「信長マニア」、一個人webに歴史コラムを、それぞれ連載中。著書に『明智光秀 残虐と謀略』(祥伝社新書)、『地形で読み解く「真田三代」最強の秘密』(朝日新書)、『ビジュアルワイド図解 日本史』(西東社)、『新説 桶狭間合戦』(学研新書)など多数。テレビやweb配信の歴史系番組出演もこなす。