書籍の詳細

文学・評論
わたしがわたしであるために GENUINE FRAUD
著者:E・ロックハート(著),杉田 七重(翻訳)
定価:1980円(10%税込み)
ISBN 4777823431
単行本(ソフトカバー) 本文320ページ
2019年7月2日初版発行
購入する
“どこまでが真実で、どこまでが偽りか――"

自分を捨てて他人になりかわり、逃亡を続ける少女。
過去をさかのぼると、次々と見えてくる嘘。
親友・恋人・家族……18歳の孤独な少女が
本当に欲しかったもの、それは――

世界25カ国で翻訳! NYタイムズ・ベストセラー
新時代のサイコ・スリラー日本上陸

* * *

「全体像が見えた瞬間、ディテールのことごとくがまぶしく輝きだす。」
――― スクールライブラリー・ジャーナル

「18歳のアンチヒロインにどうしようもなく魅了される陶酔のサイコロジカル・スリラー」
――― ホーンブック


著者プロフィール
E・ロックハート(E.Lockhart)
マサチューセッツ州ケンブリッジ、ワシントン州シアトルで育つ。全米図書賞のファイナリスト、米国図書館協会から優れたYA文学に与えられるマイケル・L・プリンツ賞のオナーに名を連ねる人気作家。2014年に上梓した小説『We Were Liars』(未訳)は、50週連続で『ニューヨーク・タイムズ』のベストセラーリストにランクインし、2014年度ガーディアン賞ショートリストに選出、映画化が決定している。2017年に刊行し、全米ベストセラーとなった最新作の本書は、世界25カ国で刊行が決定している。ニューヨーク在住。

訳者プロフィール
杉田七重(Nanae Sugita)
1963年東京生まれ。英米文学翻訳家。東京学芸大学教育学部卒業。おもな訳書にディケンズ『クリスマス・キャロル』(角川書店)、キャロル『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』(ともに西村書店)、モーパーゴ『トンネルの向こうに』『月にハミング』(ともに小学館)、『発電所のねむるまち』(あかね書房)など多数。