書籍の詳細

歴史・地理
本当はブラックな江戸時代
著者:永井 義男(著)
定価:1540円(10%税込み)
ISBN 4777817806
単行本(ソフトカバー) 本文240ページ
2016年11月2日初版発行
購入する
本当はブラックな江戸時代 [著]永井義男



江戸時代を無邪気に礼賛する風潮に一石を投じる一冊。

江戸は本当に人情味に溢れ、清潔で安全だったのか。

遊郭はユートピアだったのか。

著者が明らかにするのは現代からすれば顔をしかめたくなる現実だ。

裏長屋は糞尿や生ゴミの腐臭が漂い、街中では肥桶を引っ繰りかえす事故が頻発していた。

江戸っ子は「一日二回入る」ほどの風呂好きとも言われるが、1週間にせいぜい1回程度。

治安が良かったわけでなく事件が起きても当事者同士の金による示談が多く、表沙汰にならなかっただけ。

遊女も年季の途中で感染症で病死する者が大半だったとか。

タイトルは過激なものの、江戸時代を暗黒時代として捉えたいわけではなく、視点はあくまでも客観的。

当時の写真や戯作の挿絵などを用いながら、江戸の実態を浮かび上がらせている。



評者:栗下直也

(週刊朝日 掲載)



内容紹介

《江戸はあなたが想うようなユートピアではない! 》

江戸を疑え! 本当に人情に溢れ安全で清潔だったのか?



よく「昔は良かった! 」という言葉を聞きますが、本当に江戸時代も「良き時代」だったのでしょうか?

本書は、当時の資料を元に、江戸時代がいかに"ブラック"な時代だったかを徹底検証していく一冊になります。



【構成】

●第一章 江戸はブラック企業だらけ

休日は年に二日しかなかった/休暇がもらえるのは九年目/江戸でもっともブラックな世界

さらにブラックな社会もあった/奉公人に求められたのは我慢



●第二章 安全ではなかった江戸の町

危険な警察業務は庶民がになう/町奉行所に市民を守る意識は希薄/通り魔事件は多かった

刑罰は死刑が主体/過酷すぎる刑罰が隠蔽を生んだ/身分による刑罰の不公平/拷問は当たり前だった



●第三章 食の安全・安心などはなかった

江戸の水を飲むと下痢/旬の食材はそれしかなかったから/腐った魚が流通していた

庶民の食事は粗末で単調/武士の食事も単調で質素/白米はご馳走だった/江戸の人々の米食願望は強かった



●第四章 きたなくて残酷だった江戸の町

江戸はリサイクル都市だったのか/異臭が鼻をついた裏長屋/江戸っ子は毎日、風呂にはいっていたのか

��江戸は人情社会�≠ヘウソ/江戸は子供の虐待が多かった/江戸は若い命を奪うアリ地獄だった



●第五章 高い識字率のまやかし

識字率世界一は本当か/お寒い武士の教養、文武両道はウソ/武士社会の陰湿ないじめ

剣術の実態/残酷で無慈悲だった敵討ち/社会的弱者に冷たく残酷だった



【筆者プロフィール】

1949年福岡生まれ。東京外国語大学卒業。1997年『算学奇人伝』で第六回開高健賞を受賞し、本格的な作家活動に入る。

主な著書に『図説 吉原事典』『剣術修行の旅日記 佐賀藩・葉隠武士の「諸国廻歴日録」を読む』『江戸の糞尿学』『江戸の売春』『下級武士の日記でみる江戸の「性」と「食」』などがある。