書籍の詳細

文学・評論
ナプキン・ノート Napkin Notes
著者:ガース・キャラハン(著),小林 玲子(翻訳)
定価:1980円(10%税込み)
ISBN 4777815099
単行本 本文214ページ
2015年9月30日初版発行
購入する
生存率わずか8%、余命宣告を受けた父から娘へおくる"お弁当メッセージ"。



【ストーリー】

44才のガース・キャラハンは、妻リッサとの愛娘、エマを熱心に育てるイクメンパパ。

しかし、娘が12歳になった2011年、ガースに腎臓癌が見つかった。

手術によって癌は摘出できたものの、翌年にはまた別の癌(前立腺癌)が見つかる。

さらにその翌年、腎臓癌が再発し、再び手術を受けるも、

今度は癌細胞をすべて取ることはできなかった…。

そしてついに、ガースは医師により辛い宣告を受ける。

"5年以上の生存率は、わずか8%"と————



『もしも、自分が余命宣告されたら、あなたなら家族のために何ができるだろうか?』父の決断。

それは、娘のためにナプキン・ノートを書き続けることだった。



世界7カ国で翻訳化。世界中で話題の感動ノンフィクション。