書籍の詳細

ノンフィクション
僕が骨髄提供をした理由(わけ)。 言うほどたいしたことなかったで~!
著者:木下 ほうか(著)
定価:1540円(10%税込み)
ISBN 4777822168
単行本(ソフトカバー) 本文192ページ
2018年11月26日初版発行
購入する
人気俳優・木下ほうかさんの生き字引を通して、今後多くの方に、ドナー登録・骨髄提供についても考えていただける一冊!

2009年に骨髄バンクを介して骨髄提供をしたことがきっかけとなり、2017年に骨髄バンクのCMに出演。有名人として実際にドナー登録をし、骨髄を提供されたのは
稀有な存在だったことから起用されました。木下さんがCM出演後、登録者数が一気に急増。先日、放送されたTBS系バラエティ番組『爆報! THEフライデー』で、
初めてテレビで骨髄提供について語り、大きな話題になりました。


【主な内容】
序 章 僕が歩んできた道

第1章 物語のはじまりは「献血」だった

第2章 ドナー登録から適合通知を手にするまでの道のり

第3章 骨髄ドナー体験記 ~入院から退院まで~

第4章 骨髄提供を終え、感じたこと

第5章 現在の骨髄バンクの現状と問題

第6章 僕が伝えたいこと、そして夢


著者プロフィール / 木下ほうか
1964年生まれ。俳優。1980年公開の映画『ガキ帝国』をきっかけに同作品で俳優デビュー。大阪芸術大学を卒業後、吉本新喜劇に入団。その後、上京しVシネマなどを中心に活動。
現在は数多くのテレビドラマや映画、バラエティ番組にも出演。個性的な役柄で人気俳優として活躍。俳優業の他、プロデューサーとして映画製作活動の場も広げている。10月から
放送のTBS系日曜劇場『下町ロケット』にも出演。