書籍の詳細

エンターテイメント
時代劇の作り方 プロデューサー能村庸一の場合
著者:能村 庸一(著),春日 太一(著)
定価:1430円(10%税込み)
ISBN 4777808645
単行本(ソフトカバー) 本文223ページ
2011年7月12日初版発行
購入する
『鬼平犯科帳』など多くの名作時代劇ドラマを作ってきた名プロデューサー・能村 庸一が担当作品の製作秘話を通して語る
テレビ時代劇栄枯盛衰史。

現役のテレビ時代劇のプロデューサーのなかで最も有名で実績のある人といえば、フジテレビの能村庸一氏(63年フジテレビ入社)。
自ら80人以上の関係者に取材し、1953~98年の時代劇史を書いた名著「実録テレビ時代劇史」(東京新聞出版局)などの著者
でもある氏は、40年以上にわたるプロデューサー人生で、30本以上の時代劇連続ドラマと90本に及ぶ単発ドラマを手がけ、ギャ
ラクシー賞などを受賞。特に『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛人藤枝梅安』などの池波正太郎原作作品は人気を集め、現在も
『鬼平犯科帳』は単発スペシャルドラマとして続いております。
能村氏がそのプロデューサー人生を余すことなく語った長時間のインタビューをもとに、2010年1月発売の『天才 勝新太郎』
の著者で時代劇研究家の春日太一が執筆。能村氏の時代劇への想いと共に製作秘話を綴った内容になっております。
併せて、能村氏プロデュース作品に出演している俳優・石橋蓮司と能村氏のスペシャル対談を巻末ボーナストラックとして掲載。


【目次】
第一章 プロデューサーへの道

第二章 時代劇プロデューサーとしての出発
    『一心太助』『剣客商売』『大盗賊』

第三章 京都との出合い
    『時代劇スペシャル』『弐十手物語』

第四章 時代劇の復興
    『鬼平犯科帳』『仕掛人藤枝梅安』、スペシャル時代劇

第五章 京都の撮影所とともに
    『八丁堀捕物ばなし』『御家人斬九郎』『銭形平次』『忠臣蔵』『隠密奉行・朝比奈』『雲霧仁左衛門』『剣客商売』

第六章 テレビ時代劇の危機

第七章 そして時代劇は、続く

[スペシャル対談] 石橋蓮司 × 能村庸一