書籍の詳細

歴史・地理
粛清で読み解く世界史
著者:神野 正史(著)
定価:1760円(10%税込み)
ISBN 4777821846
単行本(ソフトカバー) 本文304ページ
2018年9月28日初版発行
購入する
十字軍、ロベスピエール、レーニン、スターリン、劉邦、朱元璋、毛沢東……。歴史上の名だたる権力者たちは、なぜ多くの人命を奪ったのか? 彼らの凶行を「残酷だから」のひと言で片付けていいのか?

本書では、彼らが手を血に染めた経緯を追いながら、16の「歴史法則」と12の「粛清の論理」を抽出。大規模な粛清事件の背後にある論理と、血なまぐさい事件を通じて見えてくる歴史を動かす法則をまとめました。

歴史上の粛清事件を軸に、歴史・人間社会のあり方・日本人が向き合うべき民族性の違いを浮き彫りにする、世界史の鬼才・神野正史の野心作。

粛清の論理1
中国では、粛清は“陣痛"のようなもの。
この“産みの苦しみ"を乗り越えなければ「繁栄期」は生まれない。

粛清の論理2
あまりに功績が大きいと主君に恐れられ、殺される。
中国では本人ではなく一族郎党皆殺し(族滅)にされる。

粛清の論理3
ひとたび権力を手に入れた者はこれに執着するあまり、疑心暗鬼に陥る。
「殺らねば殺られる」という切迫感が粛清を生み、粛清は更なる粛清を呼ぶ。

粛清の論理4
外敵の存在だけが粛清を抑える。
したがって粛清を抑えたいときは外敵を残す。なければ作る。

粛清の論理5
下賤の身から成り上がった者は、カリスマ性のある人望高い者が多いが、
天下人となった途端、人が変わったように凄惨を極める大粛清を行う。