書籍の詳細

人文・思想
発達障害と情緒障害の子どもの能力を家族全員で伸ばす!
著者:宮尾 益知(著)
定価:1320円(10%税込み)
ISBN 4528019086
単行本(ソフトカバー) 本文103ページ
2012年6月29日初版発行
購入する
発達障害(発達のでこぼこ)と情緒障害(心のこじれ)は併発しやすいもの。親として関心の集まる二大テーマの障害を1冊で
わかりやすく解説いたします。
親としてもっとも気になるのが発達障害と情緒障害。この二大テーマは併発しやすい関係にあるので、充分に注意しなければなりません。
発達障害の諸症状からくる"ひきこもり"や"不登校"、突然の"激しいかんしゃく"など、心の混乱を起こすのが情緒障害の特徴です。
それはやがて、うつ病や強迫性障害、適応障害、摂食障害などの発症につながる要因ともなるため、心身両面でのケアが必要となります。
本書では、併発しやすい2つの障害について、そもそもこれらの障害とはなんなのか?、その関係性は?、家族として何を注意すべき
なのか?、子どもに対する接し方や考え方などを、イラスト図解入りでわかりやすく、読みやすい説明をいたします。
医療の現場で子どもたちを診察し、家族ぐるみでのケアを提唱、実践している宮尾益知先生ならではの考え方を知ることが出来る一冊と
なります。
スグに役に立つ相談者支援機関リスト付き