書籍の詳細

暮らし・健康・子育て
子宮筋腫&子宮内膜症の正しい治し方と知識
著者:東舘 紀子(著)
定価:1540円(10%税込み)
ISBN 4528012324
単行本(ソフトカバー) 本文207ページ
2010年3月15日初版発行
購入する
主に30歳~40歳代の女性に多く見られる子宮筋腫。成人女性の20%~30%が子宮筋腫の可能性が高く、月経困難や過多月経に
悩まされています。
また、「疼痛(とうつう)」と言い、ズキズキとして疼くような痛みが継続しておこるのが子宮筋腫です。月経のある女性の10人
に1人の割合といわれ、昨今20歳~40歳代の女性に急増、治療中の女性は12万人、潜在患者数は200万人と言われています。
本書では、東京女子医科大学産婦人科医東舘紀子先生を起用。女性ならではの目線で、女性にとってデリケートな箇所の最新治療と
患者を交えた病気との向き合い方、決断の仕方などを懇切丁寧に解説していきます。代表される以下の問題点等にも応えていきます。

1. 未婚?既婚?年齢次第で変わる治療法
2. 妊娠を希望するか?しないか?手術をする、という選択。しない、という選択。
3. 術後の性生活についてパートナーの正しい理解が必要!
4. 子宮を全摘しても女であることに変わりは無い。
5. 手術の傷を気にする20代。どうしても手術したくない30代。未婚だが妊娠を希望する40代。

…etc.