書籍の詳細

エンターテイメント
日本懐かしラジオ大全 (タツミムック)
著者:川野 将一(著)
定価:1760円(10%税込み)
ISBN 4777828441
ムック 本文160ページ
2021年9月29日初版発行
購入する
<b>『オールナイトニッポン』『セイ!ヤング』『ヤングタウン』…… <br> 昭和のラジオ黄金時代の人気番組を総覧!! <br> かつて若者だったリスナーにはたまらない! <br> 懐かしいあのDJの声がきこえてくるような一冊</b><br> <br> 昭和のラジオ番組をテーマとする「日本懐かし大全シリーズ」の一冊。『オールナイトニッポン』『セイ!ヤング』『ヤングタウン』……などなど、昭和の時代、深夜放送を中心としたラジオ番組は若者たちの絶大な支持を誇っていた。深夜ラジオ自体が“深夜の解放区"として社会現象にもなり、中でも三大ラジオ局であるニッポン放送、文化放送、TBSラジオが同時間帯の聴取率競争でしのぎを削っていたものです。<br> 自室にこもり、番組開始時刻になればラジオを前にじっと聴き入る。パーソナルな空間に没入できるラジオは、テレビとは違う自分だけのためのメディア。シュールな笑いを楽しむのはもちろん、最新音楽を先取りしたり、カルチャー情報などを仕入れるための大切な情報源でもありました。<br> 本書では、そんなラジオ黄金時代に人気を博した数多くの番組にフォーカス。多感な頃にラジオ電波の洗礼を受けて成長した“昭和懐かし世代"の人たちが、当時を思い出しながら存分に振り返ることができる一冊となります。<br> <br> 【構成】(予定) <br> ●第1章 ニッポン放送<br> 『オールナイトニッポン』大特集<br> 笑福亭鶴光、中島みゆき、ビートたけし、とんねるず<br> ……ほか多数<br> 『欽ちゃんのドンといってみよう! 』<br> 『三宅裕司のヤングパラダイス』ほか<br> <br> ●第2章 文化放送<br> 『セイ!ヤング』<br> 『吉田照美のてるてるワイド』ほか<br> <br> ●第3章 TBSラジオ<br> 『スーパーギャング』<br> 『パックインミュージック』ほか<br> <br> ●第4章 毎日放送/朝日放送/ラジオ大阪<br> 『MBSヤングタウン』<br> 『鶴瓶・新野のぬかるみの世界』<br> 『スネークマンショー』<br> 『誠のサイキック青年団』ほか<br> <br> ●第5章 CBCラジオ/東海ラジオ/地方ラジオ局<br> 『SFロックステーション』<br> 尾崎豊『誰かのクラクション』ほか<br> <br> ●第6章 FMラジオ<br> 『サウンドストリート』<br> 『クロスオーバーイレブン』<br> 『JET STREAM』ほか<br> <br> ●ミニ特集 昭和のアイドル番組いろいろ<br> <br> ●各種コラム<br> ・ハガキ職人<br> ・昭和の相談番組<br> ・ラジオドラマ<br> ・昭和のラジオ雑誌・本<br> ……etc. <br> <br> 【著者】<br> 川野将一<br> 1971年生まれ。放送作家・脚本家。テレビの放送作家にしてラジオのヘビーリスナー。『ラジオブロス』(イースト・プレス)、『ラジオの残響 ヘビーリスナー聴く語り記』(双葉社)などの著書がある。<br>