書籍の詳細

科学・テクノロジー
まんがで読む はじめての保護猫 (いちばん役立つペットシリーズ)
著者:猫びより編集部(著),粟田 佳織(著),古山 範子(監修),西村 知美(監修),ななおん(編集),小野崎 理香(イラスト)
定価:1430円(10%税込み)
ISBN 452802277X
単行本(ソフトカバー) 本文128ページ
2020年2月18日初版発行
購入する
「ウフフ。家族と出会えてよかったね。猫を飼うなら保護猫を。それが心から納得できる本です。」

―― 大ヒット猫マンガ『俺、つしま』の著者、おぷうのきょうだいさん推薦!!




保護猫――外で暮らしていたところを人の手によって保護され、家族に迎えてくれる人を待っている猫たちのことです。

どこに行けば会えるの?
どうやって保護猫になったの?
ペットショップの猫と何がちがうの?
どうやって迎えればいいの?

本書は、こうした疑問に応えながら、はじめて保護猫を迎えようと考えている方に役立つ情報を紹介します。


【目次】

●保護猫ってどんな猫?
保護猫団体&ボランティアさん主催の譲渡会・シェルター、動物愛護センター、保護猫カフェ、猫を保護した知り合い……保護猫と出会える場所はいくつもあります。

●保護猫を迎える
何を準備したら良いのだろう? 揃えるべきグッズ、部屋づくり、家族との相談も大切です。
また、捨て猫や弱っている猫を自分で保護した場合は?

●保護猫と家族になる
夜鳴き、人に馴れない、先住猫と仲良くなれない……こんな時、どうしたら良い!?


☆著者陣は全員、保護猫と暮らす猫せんぱい!

◎監修:古山範子
猫の保護団体のボランティア活動にも参加するドクター

◎医療指導:西村知美
「アール動物病院」院長。臨床現場で活動するドクター

◎ケア指導:武原淑子
保護猫活動のスーパーボランティア

◎まんが:ななおん

◎イラスト:小野崎理香

◎構成・文・まんが原作:粟田佳織