書籍の詳細

ビジネス・経済
55歳から小ビジネスで稼ぐ! 教科書
著者:片桐 実央(著)
定価:1430円(10%税込み)
ISBN 4777824624
単行本(ソフトカバー) 本文192ページ
2020年2月26日初版発行
購入する
定年後にでも、「小ビジネス=小商い(こあきない)」を始めるシニアのためのノウハウを紹介。
「自分にあった仕事」を見つけて、「不安な老後」のお金を稼ぐための本。

定年を間近にし、子育てを終えようとしているシニアにとって、老後のお金をどのようにして捻出するのかが最大の課題です。
収入を得る要素は、「働く」「資産」「家族の援助」「社会保障」の4つ。しかし、年々変化し続ける環境に対応するためには、「ライフ(人生)」と
「ワーク(仕事)」のバランスが重要になってきます。そのためには、少ない収入でもいかに働き、いかに稼ぐかが、ポイントになります。
それが「小ビジネス=小商い」の勧めです。独立して、起業する。資金が少なくても済み、5万円、10万円の収入を得るビジネスです。
月額5~10万円の小ビジネスですが、1本だけではなく、並行して2本、3本と行うことで、収入は増えていきます。


【主な内容】
第1章  なぜ、「小ビジネス」を始めるシニア人が増えているのか

第2章  シニアが「小ビジネス」を始めるためにやるべきこと(1)
     第1ステージ〈アイデアを固める〉

第3章  シニアが「小ビジネス」を始めるためにやるべきこと(2)
     第2ステージ〈ビジネスプランを作る〉

第4章  実例集”身の丈にあった”「小ビジネス」で、”やりがい”を実感しています


著者 / 片桐 実央(かたぎり みお)
学習院大学法学部卒業後、花王株式会社 法務・コンプライアンス部門法務部に入社し、会社設立、契約書作成等、法律の専門家としてアドバイス。
その後、大和証券SMBC株式会社 引受審査部に入社し、IPO支援を経験した後、祖母の介護をきっかけに、一生を通じて生きがいを感じる
充実した生活を実現するための支援がしたいと思い、2008年7月「銀座セカンドライフ株式会社」を設立、銀座総合行政書士事務所を開業し現在に至る。
年間の講演、セミナーは50回を超え、毎月150件の起業相談を受け、これまで5,000件を超える。またビジネス雑誌等での執筆も行っている。
著書に『「シニア起業」で成功する人・しない人』(講談社α新書)など。