書籍の詳細

人文・思想
今こそ知っておくべきフリーメイソンの謎と爬虫類人種の陰謀 (世界の謎と不思議シリーズ)
著者:並木 伸一郎(著)
定価:1650円(10%税込み)
ISBN 4777825000
単行本(ソフトカバー) 本文240ページ
2020年2月26日初版発行
購入する
月刊「ムー」の主幹ライターにして日本のオカルト界の重鎮、並木伸一郎氏が世界の謎と不思議を最新の情報を基に解き明かしていきます。
そもそもメイソンとは何か、その歴史と入会方法や儀式などなかなか一般には伝わらない中身を解説。さらに「9.11とメイソンの関係」、
「UFOとメイソン」などの陰謀めいた内容にまで触れていきます。


【CONTENTS】
■序章 激動する世界
世界中で頻発する怪しげな動きの数々
陰謀の背後に座す者はいったい誰なのか!?

●なぜ、トランプは逆転勝利できたのか?
●なぜ、イギリスはEUを離脱したのか?

ほか

■第1章 自由の国の誕生
超大国アメリカはフリーメイソンによって建国された!
近代フリーメイソンの確立とその大いなる野望

●フリーメイソン設立の秘密
●ゴシック建築が育んだフリーメイソン

ほか

■第2章 古代エジプトの秘密
エジプトのシリウス信仰とイルミナティ・メイソン!
陰謀の起源と失われた古代の叡智

●発展の証となる「位階制度」の導入
●謎めいた参入儀礼

ほか

■第3章 陰謀の拡大
彼らの華麗なる人脈はどのように生まれてきたのか?
世界中に張り巡らされた陰謀のネットワーク

●フリーメイソンの"華麗なる人脈"
●アメリカ大統領とフリーメイソン

ほか

■第4章 宇宙開発の裏側
月面でフリーメイソンの儀式が行われていた!?
NASAの内部で蠢くナチス・ドイツの黒き陰謀

●地球外生命体との接触を予見した「ブルッキングス・レポート」
●NASAの中枢に座す「ナチス・メイソン」

ほか

■第5章 月と火星の極秘計画
月面で発見されたアンドロイドと月への帰還!
ピラミッド地下の「記録の宝庫」と宇宙に瞬くダーク・ミッション

●火星でも発見された聖幾何学数字「19・5」
●ワシントンDCとシドニア地区の奇妙な一致

ほか

■第6章 異星人と神
誰が地球を「デザイン」したのか!?
神となった地球外生命体と闇の支配者の深いつながり

●進化論を否定する、インテリジェント・デザイン仮説
●太陽系惑星の配置ミステリー

ほか

■第7章 異星人の代理戦争
背後で高まるレプティリアンとノルディックの対立!
フリーメイソンは神々の"代理人"だった!

●英国王室のレプティリアン
●誕生日に正体を現した英国女王

ほか

■終章 やがて訪れる未来
ふたつの地球外生命体による諍いの末に
"融合"が実現する「ワンワールド」の未来

●"ノルディック狩り"が始まった
●人間社会に紛れ込む"ハイブリット"

ほか